融資の種類とそのメリットとデメリットについて

融資には、大きく分けて四つの種類があります。


一つ目は、証書貸付という方法です。
証書貸付は、「金銭消費貸借契約書」を銀行と取り交わすことで融資を受ける方法です。
「金銭消費貸借契約書」には、借入金額や、金利、返済方法、借入期間などを記載します。


この方法は、主に借入期間が1年を超える場合のような長期的な資金の借り入れに利用されます。
例えば、長期的な運転資金や、設備投資などに利用されます。


二つ目は、手形貸付という方法です。
手形貸付は、手形を銀行に差し入れることで融資を受ける方法です。
主に短期的な資金の借り入れに利用されます。
例えば、短期運転資金や、賞与の支払い、納税のための資金として利用されます。


三つ目は、当座貸越という方法です。
当座貸越は、融資の極度額をあらかじめ定めておき、その極度額までであれば自由に融資を受けたり返済を行ったりできる方法です。
当座預金口座を持つ会社と銀行とが契約することで実施される方法です。


四つ目は、手形割引という方法です。
手形割引は、売上の代金等を手形で回収した際に、その手形を銀行が買い取ることにより融資を受けるという方法です。
銀行は、手形の額面から手数料や当日から満期が到来するまでの利息分を差し引いて現金化して提供します。



上記で述べた四つの融資方法について、それぞれのメリットとデメリットを述べていきます。


一つ目の証書貸付のメリットは、会社が長期的に資金が必要となる場合に利用できることから、長期の運転資金や、設備投資に利用できる点にあります。
契約書で取り決めた返済方法に従って、計画的に返済できることもメリットの一つです。
しかしながら、証書貸付は事前に「金銭消費貸借契約書」を取り交わす必要があるので、融資を受けるまでに時間や手間がかかるというデメリットもあります。


二つ目の手形貸付による方法は、手形を銀行に差し入れることにより融資を受けられるので、手続きが簡単であるというメリットがあります。
しかしながら、手形貸付は、短期的な借入であり、すぐに返済期日が到来するため資金繰りが厳しくなるというデメリットもあります。


三つ目の当座貸越の方法は、普通ならば預金口座にある残高以上は引き出すことはできませんが、当座貸越契約がなされている場合においては、極度額まではいつでも自由に引き出すことができるというメリットがあります。
しかしながら、この方法により融資を受ける場合においては、銀行の厳しい審査に通る必要があるというデメリットもあります。


四つ目の手形割引の方法は、手形を銀行に買い取ってもらえるため、手形をすぐに現金化できるというメリットがあります。
しかし、手形を振り出した会社が不渡りを出した場合においては、手形を割り引いた会社が銀行から買い戻さなければならないという義務が発生するというデメリットがあります。


参考 レイクで借りるなら主婦のキャッシング.com
>